受賞&ノミネート

  • 日本平和学会 第五回平和賞,2015
  • FOSS4G (Free and Open Source Software for Geospatial conference) Seoul 2015, the Best Cutting-Edged Map Award, 2015
  • Digital Humanities Awards 2013, 1st Runner Up of Best DH visualization or infographic, 2014
  • 第40回「日本賞」,優秀作品(コンテンツ部門イノベイティブ・メディアカテゴリー),2013
  • アジアデジタルアート大賞2011,エンターテインメント部門大賞(経済産業大臣賞),2012
  • eAT KANAZAWA Digital Creative Award 2012,審査員特別賞,2012
  • iPhone・iPadアプリ大賞2011,グランプリ,2011
  • Mashup Awards 7,協力企業賞(Google賞),2011
  • Yahoo!JAPANインターネットクリエイティブアワード2011 一般の部ノミネート作品,2011

 

展覧会

  • Hidenori Watanave: FOSS4G (Free and Open Source Software for Geospatial conference) NA 2016, Raleigh Convention Center,Raleigh, USA- 2016年5月2日〜5日
  • Hidenori Watanave: FOSS4G (Free and Open Source Software for Geospatial conference) Seoul 2015, The K Seoul Hotel, Seoul, Korea- 2015年9月16日〜19日
  • 首都大学東京 渡邉英徳研究室:「ヒロシマ・アーカイブ」;広島市立基町高等学校「桐文祭」,広島市立基町高等学校- 2015年7月11日
  • 首都大学東京渡邉英徳研究室:「ヒロシマ・アーカイブ」「東日本大震災アーカイブ」「アチェ津波アーカイブ」;進化するミュージアム2014,JPタワー ホール&カンファレンス- 2014年1月21日
  • ナガサキ・アーカイブ制作委員会:「長崎国際平和映画フォーラムプレイベント」;長崎浜町アーケード特設会場- 2013年8月24日
  • 首都大学東京 渡邉英徳研究室,株式会社フォトン:「多元的デジタルアーカイブズ・シリーズ」「VR - ARインターフェイス」;東京デザイナーズウィーク2012 Design Next展,神宮外苑- 2012年10月30日〜11月5日
  • 首都大学東京 渡邉英徳研究室×ネットワークデザインスタジオ:「START on AIR!」「ヒロシマ・アーカイブ」「ナガサキ・アーカイブ」「東日本大震災アーカイブ」;デジタルコンテンツEXPO2012,日本科学未来館- 2012年10月25〜27日
  • 渡邉英徳:「ナガサキ・アーカイブ」「ヒロシマ・アーカイブ」;ノーモア・ヒバクシャ:「記憶遺産を継承する会」設立集会,有楽町朝日ホール- 2012年7月15日
  • ヒロシマ・アーカイブ制作委員会:「ヒロシマ・アーカイブ」,アジアデジタルアート大賞展2011,福岡アジア美術館 - 2012年3月17日~27日
  • ヒロシマ・アーカイブ制作委員会:「ヒロシマ・アーカイブ」,Project NOW!「キヲクの再生」プロジェクト,広島市 - 2012年3月10日~24日
  • 渡邉英徳,原田真喜子,高田百合奈:「ヒロシマ・アーカイブ」,Google Developers Day 2011,パシフィコ横浜 - 2011年11月2日
  • 渡邉英徳,高田健介,原田真喜子,佐藤康満,坪山翔太,山田大輝:「ヒロシマ・アーカイブ」,エンタテインメントコンピューティング2011,日本科学未来館 - 2011年10月8日
  • 渡邉英徳:「ヒロシマ・アーカイブ」「ナガサキ・アーカイブ」「被災地三次元フォトオーバレイ」:「世界建築家会議(UIA Tokyo 2011)」関連イベント「デジタルアーカイブの可能性|Future of Digital Archive」,東京国際フォーラム - 2011年9月28日
  • ヒロシマ・アーカイブ制作委員会:「ヒロシマ・アーカイブ」:絵のない絵本の展覧会2010-2020と世界一大きな絵2012展Ⅱ,旧日本銀行広島支店 - 2011年9月17日~10月1日
  • Nagasaki Archive Committee and Hiroshima Archive Committee,“Nagasaki Archive”and “Hiroshima Archive”:GOGBOT FESTIVAL 2011,Enschede, Netherlands - 2011年9月8日~11日
  • 渡邉英徳,鳥巣智行,大瀬良亮:「Nagasaki Archive」「被災地三次元フォトオーバレイ」「Hiroshima Archive|ヒロシマ・アーカイブ」;平成23年度企画展「感じる文学ー動く・触る・薫るー」,佐世保市博物館島瀬美術センター - 2011年7月15日~9月4日

 

テレビ・ラジオ

  • NHK ニュースウォッチ9:「日本被団協60年 “71年前に何が” 若い世代にスマホで」 - 2016年10月12日
  • TBS「報道特集」:「デジタル技術使い被爆体験学ぶ、日米高校生が議論」 - 2016年9月17日
  • NHKニュース:「日米高校生 国連本部で被爆者の体験を聞き核兵器廃絶を考える」 - 2016年9月17日
  • TSSテレビ新広島:「日米高校生が「平和会議」で交流」 - 2016年9月17日
  • NHK WORLD RADIO JAPAN: “Messages for Peace 1: High-School Students Inherit Bomb Survivors' Wishes” - 08.08.2016
  • フジテレビ「みんなのニュース ネットNAVI:被爆証言を後世に…ネット活用」 - 2015年8月6日
  • テレビ朝日「ワイドスクランブル:被爆体験を世界発信する女子高生たち」 - 2015年8月6日
  • ABC - Australian Broadcasting Corporation "70 years after Hiroshima, local school girls racing to capture survivor stories" - 2015年8月5日
  • Tokyo MX「東京クラッソ!」 - 2015年7月18日
  • NHK広島放送局「ヒロシマ・アーカイブ活用検討」 - 2015年6月21日
  • NHK WORLD 「Hiroshima's Message to the World」 - 2015年5月1日
  • NHK「おはよう日本」「オンライン大学講座 授業を体験」 - 2014年11月13日
  • NHK「NEWS WEB」「ヒロシマ 被爆の記憶 語り継ぐ」- 2014年8月8日
  • 日本テレビ「NEWS ZERO」「高校生がアプリ活用でヒロシマ語り継ぐ」 - 2014年8月5日
  • NHKニュース「聞き手は高校生 被爆証言の記録」 - 2014年8月3日
  • NHK広島放送局「ネット上の被爆資料集 講習会」 - 2014年6月23日
  • ウェザーニュース「SOLiVE24 ch.」 - 2014年5月13日
  • テレビ朝日「東京サイト」 - 2014年4月18日
  • NHK高校講座「社会と情報」第19回 望ましい情報社会に向かう 情報化と社会の変化 - 2014年2月6日
  • NHKニュース - 2013年8月6日
  • 文化放送「くにまるジャパン」 - 2012年9月18日
  • TBS「Nスタ」「ネットで語り継ぐヒロシマ原爆の記憶」 - 2011年8月8日
  • 日本テレビ「ZIP!」「アレナニ?“原爆の記憶”をネット上に」 - 2011年8月8日
  • NHK WORLD - 2011年8月3日
  • NHKニュース(広島局)「ヒロシマ・アーカイブが完成」 - 2011年7月10日
  • NHKニュース(広島局)お好みワイド特集「ヒロシマ・アーカイブ」 - 2011年6月2日
  • NHKニュース(広島局)「広島 被ばくの実態ネットで発信」 - 2011年5月29日

 

新聞

  • 日本経済新聞: 「戦争体験学習 アプリ手助け」 - 2016年11月8日
  • Al Jazeera: “Opposing nuclear weapons in the era of millennials” - 2016年9月26日
  • JIJI PRESS: “Japanese, U.S. Students Learn A-Bomb Experiences via Digital Archive” - 2016年9月18日
  • Kyodo News: “Students' meeting at U.N. highlights atomic bombs” - 2016年9月17日
  • 時事通信:「原爆の記憶、デジタルで学ぶ=日米高校生ら国連訪問」 - 2016年9月17日
  • 共同通信:「国連で日米学生が平和会議 初開催、原爆の怖さ共有」 - 2016年9月17日
  • 毎日新聞朝刊:「原爆デジタルアーカイブ 日米の高校生がデジタルで原爆学ぶ 長崎や広島など7人、来月渡米 現地で意見交換」 - 2016年8月21日
  • 毎日新聞朝刊:「15歳のニュース 戦争と平和 「選」戦争と平和を考える手掛かりに」 - 2016年8月13日
  • 読売新聞夕刊:「日米高校生が平和会議 オバマ氏広島訪問機に 米で来月」 - 2016年8月3日
  • 中国新聞朝刊「日米高校生が平和学ぶ オバマ氏訪問 意義継承 米国で9月に会議」 - 2016年6月28日
  • 新潟日報朝刊「戦禍の証言 ビジュアル化で見せる 電子データで次世代継承へ」 - 2015年12月27日
  • 毎日新聞朝刊「最新ウェブ技術で平和学習 広島女学院高と首都大学東京が「ヒロシマ・アーカイブ」」 - 2015年10月27日
  • 中国新聞朝刊「広島女学院高生 体験談収録に力 ヒロシマ・アーカイブの動画 初証言の被爆者も」 - 2015年7月23日
  • 中国新聞朝刊「ヒロシマ・アーカイブの活用探る 被爆証言の継承に有効」 - 2015年7月14日
  • 中国新聞朝刊「立体地図上で証言紹介「ヒロシマ・アーカイブ」デジタル活用 被爆継承」 - 2014年6月23日
  • 中国新聞朝刊「被爆者証言マップデジタル作成体験 22日広島女学院中高」- 2014年6月2日
  • 神奈川新聞朝刊「照明灯」 - 2014年2月17日
  • 中国新聞朝刊「記憶を受け継ぐ」本紙の連載を掲載 ヒロシマ・アーカイブ - 2014年2月3日
  • 朝日新聞夕刊「デジタルで文化財保護 シンポで活用例報告」 - 2014年2月3日
  • 朝日新聞朝刊「核兵器の非人道性」指摘 広島で国際シンポ」 - 2013年7月28日
  • The Asahi Shimbun「Tokyo professor creates digital maps of A-bombed cities」 - 2012年8月11日
  • 日本経済新聞朝刊「キャンパス発この一品:デジタル地球儀コンテンツー首都大学東京 風景写真や動画,地図上で一望」 - 2012年8月9日
  • 朝日新聞朝刊「〈ひと〉被爆地アーカイブを作った首都大学東京准教授」 - 2012年8月6日
  • 東京新聞「被爆体験 どう受け継ぐ 「記憶遺産を継承する会」千代田で設立集会」 - 2012年7月16日
  • 中国新聞 2012年1月9日朝刊「サイトが語る大震災と復興」 - 2012年1月9日
  • 東京新聞 2011年8月19日朝刊「在京の若い力を結集」- 2011年8月19日
  • 毎日新聞 2011年8月4日夕刊「被爆地:「ヒロシマ・アーカイブ」が話題」 - 2011年8月4日
  • 毎日新聞 2011年8月2日朝刊「いま問う平和:’11夏 広島原爆、デジタル地図使いネットで世界に/広島」 - 2011年8月2日
  • 朝日小学生新聞 2011年7月13日「被爆の記憶を立体地図に - 広島,100人の写真や話で辿る」 - 2011年7月13日
  • 中国新聞 2011年7月12日朝刊「ヒロシマ・アーカイブ完成」 - 2011年7月12日
  • 朝日新聞 2011年7月11日夕刊「被爆の記憶を立体地図で ヒロシマ・アーカイブ公開」 - 2011年7月9日
  • 読売新聞 2011年7月9日朝刊「被爆の実態伝えるサイト「ヒロシマ・アーカイブ」、あす公開」 - 2011年7月9日
  • 朝日新聞 2011年4月28日朝刊「原爆の記憶、立体地図上に ヒロシマ・アーカイブ進む」 - 2011年4月28日
  • 中国新聞 2011年4月8日朝刊「被爆者証言のサイト制作進む」 - 2011年4月8日

 

Web

  • withnews:「チェルノブイリで、ポケモンGOは許される? 現地で起動してみたら…」- 08.13.2016
  • GlobalVoices: “Updated and Translated, ‘Hiroshima Archive’ Preserves Eyewitness Testimony of Atomic Attack”- 06.30.2016
  • エンジニアtype「技術は平和活動もアップデートする~原爆証言アーカイブのOSS活用に見る、戦争の記憶を「みんなで遺す」意味」- 2015年8月12日
  • 現代ビジネス「1945年と2015年が地続きだと実感できますか? 高校生らとつくる「デジタルアーカイブ」できっかけ提供」- 2015年8月11日
  • Takei's Take "Preserving History Through Youth & Technology l Hiroshima Part 4 | Takei's Take Japan"- 8.30.2014
  • エンジニアtype「テクノロジーが作る新たな平和活動のかたち~普通の高校生が語り手になる『ヒロシマ・アーカイブ』」- 2014年8月15日
  • NHK「NEWS WEB」「ヒロシマ 被爆の記憶 語り継ぐ」- 2014年8月8日
  • gazeta.pl "Życie z piętnem bomby atomowej. "Dlaczego ludzie boją się nas, ocalałych"- 2014年8月6日
  • 朝日新聞デジタル・データジャーナリスト・インタビュー「災害や戦争のデータを重ねて見ることで埋もれていた証言を引き出していく」 - 2014年3月28日
  • CodeIQ Magazine「石井裕×渡邉英徳 緊急対談──「3.11」の情報と体験をどう未来記憶化するか #3.11」 - 2013年3月11日
  • “The Book Project 夜間飛行” 小寺信良の「金曜ランチボックス」 - 2012年8月3日
  • MIT Communication Innovators Labo, CoLab Radio 「The Dynamic East Japan Earthquake Archives」 - 2012年3月6日
  • @IT【「iPhone・iPadアプリ大賞2011」レポート】 グランプリは生徒と先生が作った役に立つARアプリ」 - 2011年12月26日
  • ファミ通.com「IT業界だからこそできる、インフラ整備の取り組み――震災復興支援技術特別セッション その4【CEDEC 2011】」 - 2011年9月9日
  • 公益財団法人フォーリン・プレス・センター「被爆の記憶をWebコミュニティを通して世界に伝える(2011年8月25日)」 - 2011年8月25日
  • 窓の杜「広島に落とされた原爆の資料を“Google Earth”上で閲覧“Hiroshima Archive”」 - 2011年8月8日
  • ASIAJIN“The Hiroshima Atomic Bomb Archive on Google Earth “Hiroshima Archive”” - 2011年8月7日
  • greenz.jp「google earthを通じてインタラクティブに「被爆ってどんなもの?」を伝える「ヒロシマ・アーカイブ」」- 2011年8月5日
  • The Mainichi Daily News - “Hiroshima A-bomb archive site with 3-D satellite map proving popular”- 2011年8月4日
  • 毎日新聞 毎日.jp「被爆地:「ヒロシマ・アーカイブ」が話題」 - 2011年8月4日
  • 毎日新聞 毎日.jp「いま問う平和:’11夏 広島原爆、デジタル地図使いネットで世界に /広島」 - 2011年8月2日
  • sky.it(イタリア)「Hiroshima ricordata in 3D per il 66esimo anniversario」 - 2011年7月30日
  • Penn Olson - The Asian Tech Catalog - 「Google Earth, Street View As Historical Record in Japan」 - 2011年7月12日
  • 中国新聞 web版 「ヒロシマ・アーカイブ完成」 - 2011年7月12日
  • 朝日新聞 asahi.com「被爆の記憶を立体地図で ヒロシマ・アーカイブ公開」 - 2011年7月11日
  • 読売新聞 Yomiuri Online 「被爆の記憶を立体地図で ヒロシマ・アーカイブ公開」 - 2011年7月11日
  • 読売新聞 Yomiuri Online 「立体地図や動画も…広島の被爆実態伝えるサイト」 - 2011年7月8日

 

雑誌

  • 日本記者クラブ会報「ビッグデータ信頼関係築き報道に厚みを」 - 2015年4月10日
  • 日本学術振興会サンフランシスコ研究連絡センター英文ニューズレター12月号(Vol.24)「"Nagasaki Archive" and "Hiroshima Archive" Send out Memories of A-Bomb Suffering to the World via Web Communities 」 - 2012年1月10日
  • GIS NEXT 第36号「ヒロシマ・アーカイブ」 - 2011年7月25日