被爆資料


「ヒロシマ・アーカイブ」では、約170件の証言資料、約150点の写真資料を閲覧することができます。さまざまな資料を一元化し、デジタルアースにマッシュアップすることで、被爆のまつわる複雑な実相を、実感をもって伝えます。2015年7月6日現在、以下の資料が掲載されています。

  • 広島女学院同窓会「平和を祈る人たちへ」58件
  • 八王子市原爆被爆者の会「原爆被爆60年」29件
  • 日本バプテスト広島キリスト教会「語り継ぐ」6件
  • 足立区在住被爆者の会「原子雲」 1件
  • NGO Ant-Hiroshima「ビデオ証言」1件
  • 中国新聞社「記憶を受け継ぐ」36件
  • ノーモア・ヒバクシャ 記憶遺産を継承する会 1件
  • 広島女学院中学高等学校有志「ビデオ証言」31件
  • 広島女学院中学高等学校有志「平和公園碑巡り」12件
  • 広島平和記念資料館提供写真 145件
  • 国土地理院「広島市街空中写真(1945年~1950年撮影)」
  • 国土地理院「標高タイルデータ」
  • 時事通信社「広島被爆状況図」
  • MapData: © OpenStreetMap contributors

絵画作品

原爆と核兵器にまつわる絵画作品を収蔵しています。現時点で以下の作品が掲載されています。
・岡本太郎「明日の神話」
・丸木位里・俊「原爆の図」

アプリ

「ヒロシマ・アーカイブ」に収蔵されている資料を,GPS地図とAR(拡張現実)技術を用いて閲覧できるiPhoneアプリ「 HiroshimARchive」を開発しました。 詳細はこちらをご覧ください

デモムービー 

「ヒロシマ・アーカイブ」を操作しているようすを紹介したムービーです。2011年公開の旧バージョンの画面を紹介しています。 詳細はこちらをご覧ください

AR apps

デジタルコミュニティ


Facebookページを,日本語と英語で運営しています。