このエントリーをはてなブックマークに追加 

Hiroshima Archive - ヒロシマアーカイブ


はじめに

被爆から66年が経ち、あと数十年のうちに、被爆者のいない未来がやってきます。それは、最も強く平和を願い、核兵器のない世界を切望した人々がいなくなることを意味しています。「ヒロシマ・アーカイブ」は、2010年に公開された「ナガサキ・アーカイブ」のミッションを受け継ぎ、被爆者の体験と想いを未来の地球に遺していくために、66年間にわたって蓄積されてきた大量の資料と、最先端のインターネット技術を融合して制作されました。

多元的デジタルアーカイブズ

「ヒロシマ・アーカイブ」は、広島平和記念資料館、広島女学院同窓会、八王子被爆者の会をはじめとする提供元から得られたすべての資料を、デジタル地球儀「Google Earth」上に重層表示した「多元的デジタル・アーカイブズ」です。1945年当時の体験談、写真、地図、その他の資料を、2010年の航空写真、立体地形、そして建物モデルと重ねあわせ、時空を越えて俯瞰的に閲覧することができます。このことにより、被爆の実相に対する多面的・総合的な理解を促すことを企図しています。

記憶のコミュニティ

私たちは、地元の高校生や全国のボランティアと連携して証言の収集活動をすすめ、集合的記憶の醸成をとおした「記録のコミュニティ」を生成しました。さらに、Twitterなどのソーシャルメディアを用いてオンラインコミュニティを形成し、平和と核廃絶に向けたメッセージを世界中から募り、デジタルアーカイブズに包含していきます。このようにして、過去の記憶と現在のメッセージを実空間/Web空間で共有し、未来の物語を紡いでいくためのプラットフォームとなることを目指しています。

311を越えて

2011年3月11日、東日本大震災が発生し、「ヒロシマ・アーカイブ」制作メンバーのうちひとりは仙台で被災しました。人々が住みなれたまちを地震と津波が破壊しつくし、原子力発電所事故が放射性物質禍を引きおこし、これまで過ごしてきた日常は終わりを告げました。311以降、66年前のヒロシマを語り継ぐこのプロジェクトのミッションも変容しています。過去の悲劇を当事者として学び、自らのことばで未来に伝える。私たちが制作したアーカイブズが、多くの人々に利用していただけることを願っています。

Introduction

It has been 66 years since atomic bombs were dropped on Hiroshima and Nagasaki, and all the remaining A-bomb survivors will have died out in the coming decades. This means that those people who from their own experience have the strongest desire for peace and a nuclear-free world will be lost. Extending the mission of the “Nagasaki Archive”, which was published on the web in 2010, the “Hiroshima Archive” has been produced by melding a large amount of materials accumulated over 66 years with the latest Internet technologies, with a view to passing on the experiences and messages of A-bomb survivors to future generations.

Pluralistic Digital Archive

“Hiroshima Archive” is a pluralistic digital archive using the digital virtual globe "Google Earth” to display on it in a multilayered way all the materials gained from such sources as the Hiroshima Peace Memorial Museum, the Hiroshima Jogakuin Gaines Association, and the Hachioji Hibakusha (A-bomb Survivors) Association. Beyond time and space, the user can get a panoramic view over Hiroshima to browse survivors’ accounts, photos, maps, and other materials as of 1945, together with aerial photos, 3D topographical data, and building models as of 2010. The archive aims to promote multifaceted and comprehensive understanding of the reality of atomic bombing.

Community of Memories

We collected A-bomb survivors’ accounts in cooperation with local high school students and nationwide volunteers and created a “Community of Records” through developing a collection of memories. We will also create an online community by using social media, such as Twitter, to collect from all over the world messages of hope for peace and nuclear abolition and incorporate them into the digital archive. We aim to make the archive a platform to gather the threads of stories for the future by sharing the past memories and the present messages in both real and web spaces.

Beyond 311

On March 11, 2011, the Great East Japan Earthquake occurred, and among those who suffered the disaster in Sendai, Miyagi Prefecture, was one of the members of the Hiroshima Archive Production Committee. The earthquake and tsunami completely destroyed the local people’s beloved towns, and the following nuclear reactor accident brought the scourge of radioactive substances, putting an end to normal life. Since the March 11th earthquake, the mission of this project, which aimed originally to pass on the 66-year-old story of Hiroshima to future generations, has also undergone a change: “Learn about past tragedies, feel involved, and hand them down to future generations in your own words.” We hope that our Archive will be used by many people.